海藻のお話

海藻(ツルアラメ)について

海藻(ツルアラメ)についてツルアラメは、主に九州北部から青森周辺にかけて分布する、日本海特産種の昆布の仲間の海藻。
最も大きい特徴は、根がツルのように長く伸びて岩の上を匍匐(ほふく)し、その各所から新芽を出すこと。この特徴が「ツルアラメ」の名前の由来と言われている。
このような性質のこんぶ類は外国にもわずか知られてますが、日本にはこれ一種しかない珍しい海藻で、水深199mの海底から多数採取され、最も深いところから採取された海藻としても記録されています。
また、近年の研究により、ツルアラメ加工品もあり、「刻みあらめ」「大間の金とろろやわらかホタテ入り」「黒とろろ」「五種の海藻和風スープ」などがあり、コレステロール低下や高血圧に効果があるとされるアルギン酸、老化や生活習慣病予防に効果があるとされるポリフェノール、食物繊維、フコイダン等が豊富に含まれ、機能性食品としての評価も高まり注目されている海藻です。

ツルアラメとの出会い

ツルアラメとの出会い最初はある団体で働いていた時、海流発電の調査で大間の海に出た時でした。
船のスクリューに昆布のような海藻がたくさん巻き付いてきました。
漁師さんは、「ここ数年前から、増えてきて真昆布の漁場を侵食してきているんだよ・・・」
磯根の漁師さんの大切な収入源の「真昆布」が生えてこれない。
何故かは、ツルアラメの特殊な繁殖方法により増えていったからなのです。

ツルアラメの繁殖方法

ツルアラメの繁殖方法昆布は胞子を岩に付着させて繁殖していきます。
ツルアラメは2種類の繁殖方法を持っています。
胞子と岩の上を蔓のように根が這い、根からも繁殖するのです。
ですから、倍に増えていくのです。

それと海水温も重要なポイントです。
近年の温暖化で海水温が上昇してきており、寒い海に生育する昆布が生えづらくなってきています。