ポリフェノール豊富なツルアラメ

ツアラメ

主に九州北部から青森周辺にかけての日本海沿岸に分布する昆布の仲間の海藻。最も大きな特徴は根が蔓(ツル)のように長く伸びて岩の上を匍匐(ほふく)し、その各所から新芽を出すこと。この特徴がツルアラメの名前の由来と言われています。

このような性質のこんぶ類は外国にわずか知られていますが、日本にはこれ一種しかない珍しい海藻で、水深199メートルの海底から多数採取され、最も深いところから採取された海藻としても記録されています。

大間の海中写真

大間の海中写真